外資系転職の希望者が日系企業に転職する場合と比較して、どのようなメリットやデメリットがあるか気になる方も多いでしょう。今回は外資系転職の希望者が日系企業へ転職する場合と比較した時、どのようなメリットとデメリットがあるのかを紹介してゆきます。

英語力が無い人

英語力が無くても外資系転職はできる!

英語に自信がないけど、外資系企業に転職したいと考えているなら、英語の必要性が低い日本人従業員が多い企業を選ぶことが大切です。日本人従業員が多い外資系企業では、英語をそんなに重視していないことが多い…

Learn more

英語力が無い人でも、できる!外資系転職はどんな職種を目指すべきか?

外資系企業に転職というと、ビジネス英語ができる高い英語力をもった人が行うイメージですが、実は英語力がなくても外資系企業に転職することができます。英語力のない人が外資系企業に転職するポイントは、英語…

Learn more

英語力がある人

英語力があるといきなり本部勤務もできる!どんな職種を目指す?

Learn more

英語力があると昇進でも有利!役職者になるために英語力は必要?

Learn more

英語力がある人も日本勤務では役立たない!英語力がある人が目指す、日本勤務の外資系転職は

Learn more

英語力が無い人の外資系転職は日系企業転職と比較して、なにが違うの?

採用試験の際に応募できる職種が限られることがある

英語力が無い人が外資系転職をする場合には、日系企業転職とは異なり、高い英語力が要求される営業職や企画職などの職種に応募ができないことがあります。そのため、外資系転職を果たして自分のキャリアや能力を活かしたい場合には、採用試験までの間にそれぞれの職種の業務に耐えうる英語力を習得することがおすすめです。最近では、多様な人材を集めるために、語学力に自信が無くても有能な転職者の受け入れを行っている外資系企業も少なくありません。また、第二新卒などの若手の育成を積極的に行っている外資系企業では、採用後に体系的な英語の研修を導入しているところも増えており、働きながら将来に役立つコミュニケーションスキルを学ぶことも可能です。

海外転勤の対象者から外されることがある

英語力が無い人が外資系企業に転職をする場合には、海外転勤の対象者から外されることがあり、語学が堪能な人と比べて出世が遅れるというリスクもあります。中でも、海外に多くの支社がある外資系企業では、昇進や昇格の基準として、海外勤務の有無や期間の長さなどを重視しているところが多く見られます。そのため、外資系企業で転職後に順調にキャリアアップを図りたい場合には、在職中から様々な手段を利用して、ビジネスシーンで役立つ英会話をマスターすることがおすすめです。また、転職支援サイトなどを使って、実際に海外勤務の経験がある外資系企業の社員の口コミを参考にしながら、余裕を持って中途採用試験の対策を立てることが大切です。

経理 転職で重視されることは?

経理 転職は、簿記や会計に関する実務経験や、公的に認められた資格の有無などが厳しくチェックされる傾向があります。